休職・復職について

休職・復職について

 事業場の就業規則等によって、休職・復職の流れは大きく異なります。休職・復職の窓口となる人事担当者に必ずご確認ください。

休職までの流れ(私傷病休暇・休業を含む)

① 主治医の診断書を提出してください。
(今後、休職が必要と予想される期間を記載してください。)
  ↓
② 事業場の担当者、産業医と面接を行うことがあります。
  ↓
③ 事業場から休職の開始を発令します。
  ↓
④ 事業場の担当者と定期的な連絡(電話または自宅のメール)を行います。
(治療経過等の簡単なご報告をお願いします。)

復職までの流れ

① 病状が回復しましたら、主治医と相談の上で図書館等への外出訓練、リワークプログラム等を利用して、生活リズム表を毎日記載するようにしてください。(生活リズム表はリワークセンター東京のホームページでダウンロードできます。)
 リワークセンター東京
 https://www.jeed.or.jp/location/chiiki/tokyo/13_tokyo_return01.html
  ↓
② 主治医から就労可能(1日8時間週5日勤務)と判断されましたら、主治医の診断書を事業場に提出してください。
  ↓
③ 産業医、事業場の担当者の面接を実施します。
(面接時に少なくとも4週間の様子を記録した生活リズム表を持参してください。) 
  ↓
④ 産業医の面接指導結果報告書、人事担当者の面談結果、主治医の診断書などをもとにして、事業場が就業上の措置(復職の可否及び復職日)を決定します。
  ↓
⑤ 復職後の一定期間は、産業医の面接、事業場の人事担当者などの面談を実施します。

診断書について

 休職期間の延長が必要な場合は、休職期間の終了前までに、新たな診断書を主治医から作成してもらい、事業場に送付してください。

復職を考える目安

復職を考える目安として下記を参考にしてください。

① 症状が回復して、主治医から復職可能と判断されていること
② 安定して所定労働時間(1日7~8時間・週5日勤務など)の勤務ができる状態に回復していること
③ 復職の意欲が十分にあること
④ 少なくとも4週間、生活リズムは安定して日中に十分に活動できていること

※うつ病、うつ状態の復職では、安全に通勤ができて、所定労働時間内の勤務ができることが条件になります。目安として、少なくとも4週間は、勤務が想定される時間帯に十分に活動できていることが必要になります。そのために、医療機関等でのリワークプログラム、または図書館等への模擬通勤訓練(平日、9時~17時まで図書館等での自主学習等)を担当医と相談の上で行うことを勧奨します。起床時間が遅くなっている、ほとんど外出することができていないなどの状態では、産業医から復職可能と判断されないことが多いです。

復職判定について

 事業場に復職を申請するときには、主治医による「復職可能」と意見されている診断書、4週間の様子を記録した生活リズム表が必要となります。その後、産業医の面接を実施し、産業医の意見書、主治医の診断書、日常生活の状況等を参考にして、事業場が復職の可否及び復職日を決定します。
 復職後は、原則として元の職場に復帰となります。ただし、健康配慮の観点から異動になる場合もあります。

再休職について

 復職後に欠勤・遅刻・早退を合わせた日数が所定出勤日数の20%を越える場合は、病状の悪化を防ぐためにも、再度、休職して療養に専念することが望ましいです。

休職可能期間

 就業規則の規定により、休職して治療に専念できる期間が定められています。(休職期間が満了しても休職事由が消滅しない場合は、就業規則の規程により自然退職となります。)あらかじめ、休職・復職の窓口となる人事担当者にご確認ください。