産業医の業務

産業医の業務内容について

産業医の主な業務は下記の通りです。
何らかの不調がみられる方も、産業医面接を受けることができます。

(1) 事業場を巡視し、作業状態又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、健康障害を防止するため具体的な改善申し入れを行う。
(2) 衛生委員会に出席し、健康管理に関して必要な助言を行う。
(3) 健康診断の結果や長時間労働の状況、ストレスチェックの検査結果等に基づき、面接の対象となる職員に対して、面接指導を実施する。
(4) 心身の不調を呈する労働者、心身の不調により休業中や復職後の労働者に対して、面接指導を実施する。
(6) 衛生教育その他、労働者の健康保持増進を図るための専門医学知識を提供する。
(7) 健康障害の原因調査、再発防止のための医学的措置を指導する。
(8) 人事担当者、衛生管理者に対して、前各項に関する指導又は助言を行う。

産業医面接の申込み方法・連絡先

産業医面接のご予約は、会社の担当者(人事総務担当者など)を通してご連絡下さい。

産業医面接の注意点

 産業医面接は、就業上の措置、ひいては事業所の安全配慮義務(従業員一人一人の安全と健康を守るための種々の配慮)の遂行の一助とするためのものです。そのために、制度上、産業医は保険診療(診断、治療、検査、心理カウンセリング等)を担当することは出来ません。治療が必要な方や心理カウンセリングを希望される方には、外部の医療機関をご案内しています。
 面接指導の結果(通常勤務可、要就業制限、要休業等の意見など)は、事業所の人事・所属職場上司等に報告されます。また、産業医が必要と判断した範囲で、面接の概要を報告して、事業所に対して意見提示、助言指導等を行う場合があります。