結核について

 厚生労働省では、毎年9月24日~30日を「結核予防週間」と定め、結核に関する正しい知識の普及啓発を図ることとしています。現在、新型コロナウイルスの対策が続いていますが、日本の結核の罹患状況は先進国で最も罹患率が高く、世界では中程度の流行国になります。職場、学校、医療機関、高齢者施設などでの集団感染が続いており、結核は年間約15,000人が新たに発病し、年間約2000人が死亡する重大な感染症の一つです。
 結核に特徴的な症状はありませんが、全身症状としては、咳、痰、全身倦怠感、発熱、体重減少などがあります。初期には咳や痰もなく、周りにうつすことはありません。感染してから6ヶ月~2年くらい経過して、咳が出始めると周りに感染しつづけるようになります。
 結核の早期発見のために、年1回の定期健康診断(胸部レントゲン検査)を受けてください。異常があった場合は必ず呼吸器内科で再検査を受けてください。また、咳、微熱などの症状が2週間以上続く場合には、必ず呼吸器内科を受診することを心がけて下さい。

参考資料
「結核について」公益財団法人結核予防会
https://www.jatahq.org/about_tb/

2021年09月01日