濃厚接触者の対応について

濃厚接触者の定義
 通常は保健所が濃厚接触者の認定を行いますが、感染者の急増などの事由により、保健所が認定を行うことができない場合は、下記の基準をもとにして濃厚接触者に相当する方は、ご自身で健康観察を行う必要があります。

濃厚接触者の定義
 陽性者の発症2日前(無症状の場合は検査日から2日前)から療養終了日までに、下記 1)または 2)の状況に該当する方のことをいいます。
1)長期間の接触(同居、車内、航空機内など)があった人
2)1メートル以内の距離で必要な感染予防策(マスク等)をとらずに15分以上接触した人

健康観察期間(自宅待機期間) 令和4年7月22日変更
 濃厚接触者となった方は、陽性者との最終接触日の翌日から数えて5日間が健康観察期間となり、その期間中に無症状であれば6日目に解除となります。また、2日目及び3日目に抗原検査キットで陰性を確認した場合も、社会機能維持者であるか否かに関わらず、3日目から解除を可能となります。
 ただし、7日間を経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認、および、高齢者や基礎疾患を有する者等感染した場合に重症化リスクの高い方との接触やハイリスク者が多く入所・入院する高齢者・障害者施設や医療機関への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食を避け、マスクを着用すること等の感染対策を行う必要があります。(詳しくは、厚生労働省のリンク先の資料を確認してください。)

 陽性者の同居者(家族や同居人)の健康観察期間は、陽性者の発症日(無症状の場合は検査日)または、陽性者の発症等により住居内で感染対策を講じた日のいずれか遅い方を0日目となります。(感染対策の事例…生活空間を分ける、または、日常生活を送る上で可能な範囲での、マスク着用、手洗い・手指消毒の実施、物資等の共用を避ける、消毒等)

 健康観察期間中は、出勤、登校などの外出は控えてください。(期間中に無症状であれば、人との接触がない在宅勤務・在宅授業は可能です。)また、健康観察期間に発熱、風邪症状(咳・咽頭痛・息切れ・全身倦怠感・下痢など)を認めた場合には、保健所・自治体の相談窓口や医療機関に相談するようにしてください。

参考資料
厚生労働省 B.1.1.529系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について(事務連絡 令和4年7月22日)
https://www.mhlw.go.jp/content/000968056.pdf

中野区役所 新型コロナウイルス感染症と診断された方へ
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/407000/d030156.html

日本産業衛生学会 新型コロナウイルス感染症情報
https://www.sanei.or.jp/?mode=view&cid=416

2022年07月23日