新型コロナウイルス(発熱や風邪症状を認める職員の職場復帰 検査未実施の場合)

 発熱や風邪症状の体調不良を認める場合は、「かかりつけ医・最寄りの医療機関」または「自治体が設置する新型コロナウイルス受診相談窓口等」に相談し、新型コロナウイルスの検査を受けるようにしてください。

「発熱相談センター等(地域により名称が異なる)」はすべての都道府県で設置しているので、以下のURLを確認してください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

※基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、かかりつけ医等に相談してください。


 流行が拡大して医療機関を受診や検査を受けることができなかった場合は、新型コロナウイルス感染症の罹患と考えて、発症から10日間は出勤を控えることが望ましいとされています。(日本産業衛生学会 補遺版2 オミクロン株・職域追加接種のQ&A 12ページ)

1) 発症後に少なくとも10日が経過している
(10日が経過している:発症日を0日として11日間のこと)

(例) 発症後に10日が経過している
①発症日0日目 発熱あり
②発症後1日目 発熱あり
③発症後2日目 解熱、自覚症状なし
④発症後3日目 解熱、自覚症状なし
⑤発症後4日目 解熱、自覚症状なし
⑥発症後5日目 解熱、自覚症状なし
⑦発症後6日目 解熱、自覚症状なし
⑧発症後7日目 解熱、自覚症状なし
⑨発症後8日目 解熱、自覚症状なし
⑩発症後9日目 解熱、自覚症状なし
⑪発症後10日目 解熱、自覚症状なし
⑫発症後11日目 解熱、自覚症状なければ、出社可能(出社可能日)
※新型コロナウイルス感染者の中には、無症状感染者、発熱のない風邪症状の感染者の割合が多いことがわかってきました。たとえ1日で解熱したとしても、新型コロナウイルス感染症を完全に否定することは困難なので、発症から10日間は出勤を控えることが望ましいです。

参考資料
日本産業衛生学会 新型コロナウイルス感染症情報
https://www.sanei.or.jp/?mode=view&cid=416

日本渡航医学会 新型コロナウイルス情報 ~個人と企業に求められる対策~
https://plaza.umin.ac.jp/jstah/index2.html

2022年08月03日