新型コロナウイルス(季節性インフルエンザ予防接種について)

 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備えて、本年度はインフルエンザワクチンの接種が推奨されています。厚生労働省は、インフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があることから、10月1日から重症化するリスクの高い65歳以上の高齢者などに優先してワクチンを接種して、それ以外の人は10月26日まで接種を待つよう呼びかけています。
 なお、今年は過去5年で最大量(最大約6300万人分)のワクチンを供給予定となっています。出荷の増える11月には供給も安定する見通しとなっていますので、11月中のインフルエンザワクチンの接種をご検討ください。

参考資料
厚生労働省・季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou18/index_00011.html

2020年09月28日